段取りを決めてすすめるのがコツ

看護師が残業しないコツは、一日のはじまりにどれだけ段取りを組んでおくかということに尽きるでしょう。例えば、朝の申し送りを受けながら患者の要点を的確につかみ、その後の看護観察につなげていくことはもちろんです。
申し送りの受け方も、一つのポイントとなります。そして、実際に患者の病室を回って一般状態の観察をしはじめたら、今度はこの患者はどこを中心に観察していくべきかをよく見ていくことです。患者の部屋を回る時さまざまな患者がいますが、この患者はどこを観察するべきかを絞っておくことが、段取り良く患者周りを済ませるポイントの一つになります。一般状態の観察が終われば、処置などがあります。この処置を行う場合は、患者の協力が必要です。もし患者が検査やリハビリなどの予定が入っている時は、その予定と重ならないように処置を済ませる段取りを立てておかなければいけません。看護師が残業しないためには患者の協力が必要になってきて、看護師以外の医療従事者とのかかわりも重要となります。
そして、なるべく段取りを決めてその予定で進めていきましょう。病院というところは、いつ急患も来るかわかりません。そのため、なるべく早めにやるべき仕事は終わるようにして、そのあとは臨機応変に対応しておくのがポイントです。もしやるべきことが終わっていれば、急患などがあっても精神的に余裕を持って接することができます。その結果、処置も手早く済ませることも可能です。それが、残業をしないコツにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です