お互いに協力し合って良好な人間関係を

看護師の仕事で残業しないコツとしては、効率的に仕事を実施してくのが何よりも大切です。どんなに優秀な人でも、一人で仕事をするのには限界があります。優秀な人が一人で仕事をすると、他の人よりもスピーディーに業務を終わらせることが可能です。しかしその分負担も大きくなるので、徐々に集中力が低下していきます。
残業を防ぐためには、多くの看護師と協力しながら大変な仕事をこなしていくことが重要です。大変な時にお互いが協力し合えば、効率よく仕事を終わらせることができます。そして、休憩できる時は心身ともに休ませることで、その後に最大限の力を発揮できます。そのためにも、人間関係を良好に築くことがとても大切です。同じ人間でも性格が大きく異なっており、考え方なども全然違ってきます。しかし、大変な作業が発生している時、積極的に協力すれば意外にも簡単に良好な人間関係を築くことが可能です。多くの人が大変な時に手伝ってもらえれば、感謝やありがたさを感じられるでしょう。そして、好印象を与えることができるのです。その他にも、空いている時間を利用して積極的にコミュニケーションを取っていくのが求められます。
近年は多くの看護師が残業に悩まされており、心身ともに大きく疲弊している状況です。少しでも残業を回避するためには、お互いに大変な時は協力し合って効率的に仕事をこなしていくしかありません。看護師はミスが許されない仕事なので、高い集中力を維持する必要があります。積極的に他の作業を手伝うことで、必然的に自分が行う仕事も減っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です