スケジュールを立てることからはじめよう

看護師として病院で働いていると、連日残業になってしまって苦労をするケースが多々あります。スキルを磨くため・給料を増やすために残業をする人もいますが、不可避だから残業をしてしまっているという人が多数を占めているのが事実です。そういう人にとって重要なのが、残業しないコツを理解することだと思います。残業を減らすためには、気軽にはじめられる習慣から取り組んでみるといいでしょう。
最も単純明快でありながら効果が高いのが、スケジュール表を作成するということです。一日のスケジュールを理解していることによって無駄をなくして働くことができるようになり、手際良く仕事をこなせるようになるための基本となります。特に、効率を上げていきたいと考るのであれば、前日の夜にスケジュール表を作るのがおすすめです。前日にスケジュールを立てて眠ることによって記憶が整理され、定着しやすくなります。そのようなことから、その間に忘れてしまったことを作成したスケジュール表を朝一に確認すれば、万全の体制ができあがるのです。朝になって突然の変更が余儀なくされたとしても、予め計画されているスケジュールがあることから、その変更に速やかに対応していくことができるでしょう。日中に突然の仕事ができても、予めスケジュール表が手元に準備してあれば、少しことでは仕事の大きな遅延を作らない方法を見出すことができます。
このようにして、スケジュール表を作っておくことが残業しないコツの基本です。残業が多いと感じている看護師は、まず試してみるべき対策でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です