仕事は基本的にルーチンで取り組む

看護師として働くと連日残業になってしまうことが懸念されるため、看護師になるのを断念するという人もいます。医療や介護に興味がある人にとって看護師は魅力的な選択肢であり、需要も高いことから就職しやすいのも事実です。しかし、残業が多いためにプライベートの時間を確保しにくいということが、懸念されてしまいがちになります。
残業しないためにはコツがあるものであり、その考え方を理解して働くことができれば、手際よく仕事をこなせるのです。その結果、残業がほとんどない看護師ライフを送ることができるようになるでしょう。そのポイントとなる考え方として、基本的な仕事は全てルーチンでこなせるように身に付けるといのが挙げられます。考えなくてもできることが増えることによって、その作業をしながら次の作業として何をすべきかを考えられるようになるのです。考えているだけで実際には何もしていないという時間を減らすことは、時間を効率的に使用していくための基本であり、残業しないコツとして大切なものといえます。そして、そういったルーチンでできることを増やしていくためには、ノウハウを身に付けることが欠かせません。
その際に役立つのが、先輩の経験です。スキルやテクニックをしっかり教わっていくことがポイントとなります。まだ多少は残業をすることになっても構わないという職場についてまもなくの頃や少し時間が空いたときに、先輩を頼って少しでも多くのスキルやテクニックを身に付けていくという心がけが重要です。そうしてルーチンでできる作業が増えると、残業がない看護師になれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です